富士山測候所を活用する会



Besucherzaehler.co

山岳域における大気化学・物理に関する国際シンポジウム(ACPM2017)_11月6日-10日@御殿場市



会員を募っております
ご寄付を募っております

講師派遣を承っております




『NPO法人 富士山測候所を活用する会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

ひと涼みスタイルBOOK

お知らせ


2017/03/22 (ニュースリリース) 2017年度第1次公募による富士山測候所の研究/活用案件を決定しました

2017/02/01 (ニュースリリース) 第10回成果報告会(3/5@東京理科大学)を開催します。多数のご来場をお待ちいたしております。

2016/12/21 (ニュースリリース) 会報 『芙蓉の新風』 Vol. 11 (2017.1.1)を発行しました

2016/12/16 (ニュースリリース)2016年観測データの提供について 富士山測候所を活用する会は、2016年観測データの一部をご希望に応じて提供いたします。提供可能なデータおよびそれらの提供条件を公表中です。

2016/12/1 (ニュースリリース)2017 年度(平成 29 年度)公募について 富士山測候所を活用する会は、2017 年度(平成 29 年度)富士山測候所を利用した研究計画、活用計画及び トライアル利用計画を公募します。一次公募は1月末で締め切りましたが、多数のご応募ありがとうございました。引き続き4月1日から二次公募をします。


イベント情報


2017/03/28 (イベント情報)東京理科大学総合研究院大気科学研究部門の大気科学研究部門第1回成果報告会を東京理科大学神楽坂キャンパスで開催します。認定NPO法人富士山測候所を活用する会が後援しています。



更新情報


2017/03/22 (メディア掲載情報)産経新聞3月20日(月)に本会の活動が紹介されました 「富士山測候所 貸与10年 大気化学者ら結集、通年観測」。成果報告会,首都大学東京,国環研、東京事務所などへの取材に基づく記事です。ダイジェストが電子版で公開されています。

2017/03/18 (スタッフブログ)子ども目線で、伝える「大気の健康」…横浜市立大学で小学生の親子向け講座 3月18日(土)に横浜市さくらWorksで開催されたエクステンション講座のレポートです。

2017/03/15 (スタッフブログ)素敵な冊子「三井物産環境コミュニケーションリポート」 三井物産環境基金の多岐に亘る助成先の取り組みについて大学生たちが取材したリポートなどを、ナショナルジオグラフィック日本版とタイアップしてまとめたもの。富士山測候所を活用する会も取り上げていただいています。

2017/03/08 (スタッフブログ)10回目を迎えた成果報告会 3月5日(日)に東京理科大学で開催された第10回成果報告会のレポートです。

2017/02/22 (メディア掲載情報)静岡新聞2月22日(水)朝刊コラム「大自在」に本会が取上げられました 18日の土器屋理事講演に基づくコラムです。

2017/02/22 (スタッフブログ)「しずおかの文化新書」講演会:雲の上の研究所 ー富士山測候所の魅力と価値ー 2月18日(土)に静岡県コンベンションアーツセンター(グランシップ)で行われた講演会(講師:土器屋理事)のレポートです。

2017/01/01 (メディア掲載情報)トライアスロン専門月刊誌 Triathlon LUMINA No. 63 (2017年1月号)に本会理事・加藤俊吾首都大学東京准教授の記事が掲載されました 「エイジグルーパーをえがく旅63 加藤俊吾さん 大気を観測する研究者とトライアスロンとの意外な接点」

2016/12/20 (バーチャル博物館)富士山頂お鉢巡りビュー バーチャル博物館のコンテンツに富士山頂お鉢巡りビューを登録しました。富士山測候所を出発点にして火口を一周することができます。

2016/12/06 (メディア掲載情報) デーリー東北新聞コラム『私見創見』に「日本の原子力政策…転換と温暖化対策への補助を」と題して三浦和彦事務局長・東京理科大学教授の随想が掲載されました。

2016/10/31 (バーチャル博物館)土器屋由紀子ほか著『日本一の高所・富士山頂は宝の山―観測と信仰から読み解く霊峰の頂―』(しずおかの文化新書)が出版されました




ホーム | 会のことを知りたい | 研究での利用 | 教育での利用 | 会を支えよう | ニュース&イベント | 富士山気象情報 | バーチャル博物館へようこそ | 会員だけのページ | サイトマップ
(お断り)気象庁での現在の施設名は「富士山特別地域気象観測所」ですが、ここでは「富士山測候所」を使用しています。
Copyright (c) 2005 NPO Valid Utilization of Mt. Fuji Weather Station All rights reserved.