富士山測候所を活用する会



Besucherzaehler.co

山岳域における大気化学・物理に関する国際シンポジウム(ACPM2017)_11月6日-10日@御殿場市



会員を募っております
ご寄付を募っております

講師派遣を承っております




『NPO法人 富士山測候所を活用する会』に、いいね!やシェアだけで支援金を届けられます。〜 NPO/NGOを誰でも簡単に無料で支援できる!gooddo(グッドゥ) 〜

ひと涼みスタイルBOOK

お知らせ


2017/04/01 (ニュースリリース) 2017 年度(平成29年度)学生公募について

2017/04/01 (ニュースリリース) 2017 年度(平成29年度)第2次公募について 1次公募に引続き4月1日から第2次公募を実施します。多数のご応募をお待ちしております。

2017/03/22 (ニュースリリース) 2017年度第1次公募による富士山測候所の研究/活用案件を決定しました


更新情報


2017/04/04 (メディア掲載情報)Dr.増山が教える 登山とからだのはなし(1)高所訓練を富士山測候所で  本会 増山茂理事が「週刊 日本百名山 改訂新版(朝日新聞出版、4月6日創刊)」の連載コラム第1回で紹介します。

2017/03/28 (スタッフブログ)山岳大気と都市大気…東京理科大学大気科学研究部門の第1回成果報告会 3月28日(火)に東京理科大学で開催された大気科学研究部門第1回成果報告会をレポート。

2017/03/22 (メディア掲載情報)産経新聞3月20日(月)に本会の活動が紹介されました 「富士山測候所 貸与10年 大気化学者ら結集、通年観測」。首都大学東京,国環研、東京事務所などへの取材に基づく記事です。

2017/03/18 (スタッフブログ)子ども目線で、伝える「大気の健康」…横浜市立大学で小学生の親子向け講座 3月18日(土)に横浜市で開催されたエクステンション講座をレポート。

2017/03/15 (スタッフブログ)素敵な冊子「三井物産環境コミュニケーションリポート」 三井物産環境基金の多岐に亘る助成先の取り組みについて大学生たちが取材したリポートなどをまとめたもの。富士山測候所を活用する会も取り上げていただいています。

2017/03/08 (スタッフブログ)10回目を迎えた成果報告会 3月5日(日)に東京理科大学で開催された第10回成果報告会をレポート。


イベント情報


山岳域における大気化学・物理に関する国際シンポジウム2017 
ACPM2017
認定NPO法人富士山測候所を活用する会は、山岳を利用したガス状・粒子状物質のモニタリング、山岳での気象や雲物理、雲・降水の化学など、山岳域における大気化学・物理に関する国際シンポジウムを、下記の日程で開催します。

開催期間:2017年11月7日(火)〜10日(金)
開催場所: 御殿場高原リゾート・時之栖(ときのすみか)
静岡県御殿場市神山719番地
(アクセス)JR御殿場駅からシャトルバスあり
参加費:一般、7月31日まで4万円(8月1日以後5万円);学生、7月31日まで2万円(8月1日以後2万5千円)
発表申込: (要旨提出)締めきり 2017年4月28日
連絡先: 認定NPO法人富士山測候所を活用する会事務局
認定NPO法人富士山測候所を活用する会
第12回通常総会
日  時:2017年5月28日(日)14:00-15:00
会  場: 神楽坂ポルタ 7階 第3会議室
新宿区神楽坂2-6-1
(交通)地下鉄有楽町線/南北線「飯田橋」B3出口徒歩1分
議  案: 第1号議案 平成28年度事業報告及び決算(案)承認の件
第2号議案 平成29年度事業計画及び活動予算(案)決定の件
第3号議案 定款の一部変更の件
第4号議案 理事選任の件
その他: (正会員の皆さまへ)
総会における議案及び参考書類は5月16日開催の理事会終了後、5月20日までに会員専用サイトに掲載しますので、しばらくお待ちください。。
※パスワードは別途総会案内書面にてお知らせしますすが、お分かりにならない場合は事務局にお問い合わせください。
  当日ご出席できない方は、総会での議決権を行使していただきたく4月3日に別送しますハガキ(委任状または書面表決書)にご記入の上、署名・捺印のうえ、投函くださいますようお願いします。
特別講演会
「富士山ライダーネットワーク構想 ―気象・環境情報計測拠点への新展開―」
日  時:2017年5月28日(日)15:00-16:00
会  場: 神楽坂ポルタ 7階 第3会議室
新宿区神楽坂2-6-1
(交通)地下鉄有楽町線/南北線「飯田橋」B3出口徒歩1分
演  題: 「富士山ライダーネットワーク構想 ―気象・環境情報計測拠点への新展開―」
講  師: 小林喬郎 (レーザレーダ研究会会長、福井大学名誉教授)
共  催: 東京理科大学総合研究院大気科学研究部門、 認定NPO法人富士山測候所を活用する会




ホーム | 会のことを知りたい | 研究での利用 | 教育での利用 | 会を支えよう | ニュース&イベント | 富士山気象情報 | バーチャル博物館へようこそ | 会員だけのページ | サイトマップ
(お断り)気象庁での現在の施設名は「富士山特別地域気象観測所」ですが、ここでは「富士山測候所」を使用しています。
Copyright (c) 2005 NPO Valid Utilization of Mt. Fuji Weather Station All rights reserved.